Pride and Dust World(HTN)

かつてない時代を生きている「今」だからこそ、伝えたいことがある。

since August 25th, 2007/僕が出逢った景色から(4)

『短い物語P&D』は、とても短い物語と、それを表す絵画で構成されています。
連載ではなく、一話完結です。

日常という現実。
空想してしまうという現実。
夢を見るという現実。
それらが混在する混沌とした日々から生まれた物語。
時には共感できないエンターテインメント。

「かつてない時代を生きている今だからこそ、伝えたいことがあります。
当公演にアンコールはございませんので御了承下さい。
それでは間もなく開演です。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■短い物語P&D『カクタス(1/2)』


カクタスは我がままだった。
誰にでもタメ口。
何かと好戦的。
周りに迷惑ばかりかけるから、ついに森を追放された。

意地っ張りのカクタスは、岩を敷き詰めた荒野に向かう。
けれど、そこでも同じことの繰り返し。
トカゲにいたずらしたり、サソリを怒らせたり。
結局、誰もカクタスを相手にしなくなった。
ヘビや虫や鳥たちも、陰に身を隠すようになった。

さすがのカクタスも寂しくなった。
でもやっぱり意地を張る。
ずっと一人。

   

昼間の容赦ない日差しと、夜の残酷な冷たさは、ゆっくりカクタスの姿を変えていった。
少しずつだったが、体中にトゲが生えた。
それは、荒んだ内側で鋭く尖ってしまった気持ちの現れだった。

やがてカクタスは動かなくなった。
無数のトゲで大気の水分を吸収して生きながらえ、意地を張ったまま根も張った。
悔しいけど、寂しい。
でも泣いたりはしなかった。  ~続く


【作話】
■タイトル(Title):短い物語P&D『カクタス(1/2)』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【画】
■タイトル(Title):『カクタス~SCENE1』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
■画材:鉛筆、画用紙、スプレー
■作品サイズ:B5、縦19cm×横14cmの枠内に描画。