Pride and Dust World(HTN)

かつてない時代を生きている「今」だからこそ、伝えたいことがある。

New Release/お知らせ

f:id:pride_and_dust:20170925220830j:plain

☆みな様の訪問に日々感謝しております。

 

 

■制作依頼を承っております。

『ご依頼いただいた皆様へ……誠にありがとうございます。感謝!!』

 

電子書籍配信中!試し読み作品あります。

アルバム『Pride and Dust World』 ■著書販売中!!

9.11以降、3.11以前の混沌から生まれた物語~

『人生の途中にあるトンネル。そこでは稀にの秘密が語られる』

絵本『BLUE AND THE MOON

環樹涼 著/2007年8月25日刊行

販売価格¥1,000(税込)

現在、Amazon にて販売中。 著者の管理する在庫から発送いたします。

 

~自分相応の言葉~

『吹けば舞うよなにも誇りがあります』

$Pride and Dust World

詩集『埃、咲き誇るために』

環樹涼 著/2007年11月1日刊行

販売価格¥700(税込)

現在、Amazon にて販売中。 著者の管理する在庫から発送いたします。

 

※著者に直接ご注文いただいた場合は送料無料です。 ご注文方法はお問い合わせ下さい。

 

■『短い物語P&D』のSCENEを描いた絵画を初ポストカード化

『かつてない時代を生きている「今」だからこそ、伝えたいことがあります』

※絵と対になる物語は電子書籍にて販売中。アルバム収録。

ポストカード『Tug Of War~SCNEN1.2.3』

環樹涼 /2014年:販売価格¥100(税込)

市場に流通していません。 著者の管理する在庫から発送いたします。 まだ在庫あります。 送料は無料です。 ご注文方法はお問い合わせ下さい。

 

『ご購入いただいた皆様へ……誠にありがとうございます。感謝!!』

since August 25th, 2007/僕が出逢った景色から(23)

『短い物語P&D』は、とても短い物語と、それを表す絵画で構成されています。
連載ではなく、一話完結です。

日常という現実。
空想してしまうという現実。
夢を見るという現実。
それらが混在する混沌とした日々から生まれた物語。
時には共感できないエンターテインメント。

「かつてない時代を生きている今だからこそ、伝えたいことがあります。
当公演にアンコールはございませんので御了承下さい。
それでは間もなく開演です。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■短い物語P&D『今日の行方』

僕の仕事帰りは、もう長いこと朝。
今朝もいつもと変わらぬ帰り道。
いつものように喉が渇いた。
都会のオアシスのような自動販売機が手招きしている。
小銭を手放すことにためらいのない僕は、ポケットの中に幾らあるかなんて確認していない。
だから右手は直ぐに投入口へ伸び、親指の腹で百円と五十円を押し出す。
二枚を送り出して選ぶのはいつものヤツ。
僕は人さし指を折り曲げ、第二関節の山でボタンを押した。

 

f:id:pride_and_dust:20170924083506j:plain

 

 

まだ静かな朝に響く小さめの騒音。
落ちてきたヤツは後に回し、先に釣り銭のレバーを下げた。
すると、いつもと違う音がした。
僕は取り出し口を見た。
なぜか蓋が無かった。
初めてだ。 
外されたのか、外れてしまったのか。
無防備に開いた小さな口。そこに釣り銭の姿は無かった。
もしかして外へ飛び出してしまったのだろうか。
見たところ路上には何も落ちてない。
僕は自販機の向かい側にある花壇を覗いた。
飛び込んだとしたらここだろう。
朝露の滴で袖を濡らしながら枝葉をかき分けて探した。
なんとなくせこい気もしたが、見つけ出したかった。
そして、しばらく探した後、別の物に出くわした。
遭遇したのは、四葉のクローバー。
僕は素直に嬉しくなった。新聞の運勢欄を今日はで読んでやろうと思った。
それからクローバーを持って帰るために摘み取ろうとした。
その時だった。
更なる発見が続いた。
クローバーが密集している一画に目立つ黄色。
顔を近づけてみると、それはギターのピックだった。僕には見覚えがあった。
だいぶ前に行方を見失った一枚。
どこにいったのか分からないまま数ヶ月。
探そうともしなかった。
ピックはまだ劣化していない。
僕はそれを拾い上げた。
すると、聴き慣れない音楽が流れ始めた。
背中の方から賑やかに呼び掛けてくる。
その音は自販機が奏でていた。
どうやら当たったらしい。でも今頃?。
僕は少し慌てながら、さっきと同じヤツを選んだ。
そして放置していたヤツと二本取り出そうとした時、今度はお釣りが出て来る音がした。
まさか。
蓋の無い取り出し口を覗くと、十円硬貨が三枚。
途中で引っ掛かっていたのだろうか。
それが今になって落ちて来たということか。

 

f:id:pride_and_dust:20170924083551j:plain

 

硬貨を掴み出しながら、僕はクローバーの葉を思い浮かべていた。
三枚の硬貨と一枚のピックで四つの葉。
それから考えたことがある。

もう一度、ギターの練習をしてみよう。 

今日の僕が行くべき方向。
それが決まった瞬間だ。 ~終わり


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【作話】
■タイトル(Title):短い物語P&D『今日の行方』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
※物語はブクログのパブーにて電子書籍として配信しています。KindleKoboからも配信中!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【画】
■タイトル(Title):『今日の行方~SCENE1&SCENE2』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
■画材:ボールペン、鉛筆、画用紙、スプレー
■作品サイズ:B5サイズ相当の画用紙を使用。縦19cm×横14cmの枠内に描画。
■販売価格:非売品
※『短い物語P&D』を表す絵画は、主にリアル展示による公開です。

今はまだ文字のない絵本『旅人の誕生日(スライドショー絵本)

 

☆みな様の訪問に日々感謝しております。

 

 

■制作依頼を承っております。

『ご依頼いただいた皆様へ……誠にありがとうございます。感謝!!』

 

電子書籍配信中!試し読み作品あります。

アルバム『Pride and Dust World』 ■著書販売中!!

9.11以降、3.11以前の混沌から生まれた物語~

『人生の途中にあるトンネル。そこでは稀にの秘密が語られる』

絵本『BLUE AND THE MOON

環樹涼 著/2007年8月25日刊行

販売価格¥1,000(税込)

現在、Amazon にて販売中。 著者の管理する在庫から発送いたします。

 

~自分相応の言葉~

『吹けば舞うよなにも誇りがあります』

$Pride and Dust World

詩集『埃、咲き誇るために』

環樹涼 著/2007年11月1日刊行

販売価格¥700(税込)

現在、Amazon にて販売中。 著者の管理する在庫から発送いたします。

 

※著者に直接ご注文いただいた場合は送料無料です。 ご注文方法はお問い合わせ下さい。

 

■『短い物語P&D』のSCENEを描いた絵画を初ポストカード化

『かつてない時代を生きている「今」だからこそ、伝えたいことがあります』

※絵と対になる物語は電子書籍にて販売中。アルバム収録。

ポストカード『Tug Of War~SCNEN1.2.3』

環樹涼 /2014年:販売価格¥100(税込)

市場に流通していません。 著者の管理する在庫から発送いたします。 まだ在庫あります。 送料は無料です。 ご注文方法はお問い合わせ下さい。

 

『ご購入いただいた皆様へ……誠にありがとうございます。感謝!!』

since August 25th, 2007/僕が出逢った景色から(22)

『短い物語P&D』は、とても短い物語と、それを表す絵画で構成されています。
連載ではなく、一話完結です。

日常という現実。
空想してしまうという現実。
夢を見るという現実。
それらが混在する混沌とした日々から生まれた物語。
時には共感できないエンターテインメント。

「かつてない時代を生きている今だからこそ、伝えたいことがあります。
当公演にアンコールはございませんので御了承下さい。
それでは間もなく開演です。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■短い物語P&D『イマドキ』

近頃の“龍乗り”はなってない。
昨日も見たんだが、駐龍場の枠からはみ出して止めていた。
よく躾けた龍なら自分から収めるんだが。どうやら乗り手に問題があるらしい。
「公道も我が道」というところか。

オレは食事を取るために店に入った。
カウンターの向こうには痩せた男。
短い挨拶を交わし、「いつもの」なんてオレには性に合わない。
指差した瓶をひとつ手渡してもらうだけ。
まずはビール。
特に理由はなくて、そんなもんだろうという感じ。
オレはお一人様が常。
酒に肩まで浸ることはないが、この店にはまっていたオレは常連だった。
狭い店だが人気がある。
マスターの音楽好きは有名で、演奏も披露した。
彼はあるバンドに狂っている。

オレは直ぐに店の奥にある小さなテーブルを眺めた。
抑えたランプの灯りが、人の表情をけだるく見せる。
それから新しい枠にはめられて窮屈な古い絵。
次にカウンターの下のBARにのせた知らない奴の足。
薄目を開けたような暗い光が、この店には棲んでいるようだ。 
カウンターの柱に飾ってある左利き用のベースだけがまともに見える。

一杯飲み終わる前に、事は起きた。
カウンターの前に五人の若者。
どいつも上背がある。
お帰りになるらしい。
お勘定の最中だった。
割り勘の相談だろうか。
いや、そうではなかった。
支払いを任されたヤツがもたついているだけだった。
酔いがまわっているんだろう。
床にコインを何度も落とした。
その度に空気が歪んだ。
誰も口にしないが、同じ思いだったはず。
周りの連れが笑ってからかう。

黙ったまま待つマスター。
ゆっくりしたまばたきは、時を数えているようだった。
敵に取り囲まれてしまったような光景。
ここから見たら因縁つけられてるみたいだ。
一人対五人か。
分が悪い。
見物する方が身のためかな。


「割り勘じゃないんなら支払うヤツだけ残ってろ。他は静かに外で待ちな」
そう言いたくなったオレを制したのは、店に入って来た一人の男だった。
押された空気が灯りを激しく揺らす。
腰から下がる鍵の束の心地よくない音。
すべての客が男に注目した。 

「誰だ。あんな止め方してるのは。やり直せ」
落ち着いた口調だった。
静かな店内を見回す男。
カウンターの五人は限りなく小さくなっていた。
何も言わずマスターに頭を下げた男。
彼も常連らしい。
男は、オレとは反対側の奥にある小さなテーブルへ。
そこがお決まりの席らしい。

ここからは顔がよく見えないが、男が何者なのか気になった。
歳は五十代といったところか。
若者を叱るなんて今どき珍しい。
しかし、下手に関わる気はなかった。
興味本位っていうのは、災いにすぐ気に入られる。

 

f:id:pride_and_dust:20170919185745j:plain

 

そんな想いで飲んでいると、五人は勘定を済ませたようだった。
マスターに金を手渡し、「すいません」と一言。
少々ふらつきながらも足早に出て行った。
金を投げることもなく、お決まりの捨て台詞もない静かすぎる終劇。
悪いヤツらじゃないんだよな。
今どきのヤツらっていうだけ。
外につないである龍は、おそらくあいつらのだ。
親が与えたんだろう。
龍は本当に最高だった。
血統は悪くなかったし、立派な鞍もつけていた。
風の抵抗を考慮した装備。
目立つための装飾も。
龍には少し重そうだ。
オレは、こう思うようにした。
あの龍の主は、扱いが下手なんだと。
頭を前にして止めようが、尾から入れて止めようが、操る腕が悪いんじゃ仕方ない。
そう思うようにするよ。

それにしても、いい龍だった。
それよりもオレが惹かれたのは、あの男だったけど。


そんな空想をしながら、僕はコンビニの駐車場で同志を待っていた。
ふと店内を見ると、レジ前に集う人、人、人。
相変わらずの風景。
現在、季節はそろそろ秋。
冷たくなった風が、隣のワンボックスにぶつかる。
よく見れば、枠をはみ出して駐車している。
世間の風当たりは、黒いフィルムで遮っているらしい。
僕はどうしたいのかといえば、それが何より難しい。
これが現実、たった今。  ~終わり

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【作話】
■タイトル(Title):短い物語P&D『イマドキ』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
※物語はブクログのパブーにて電子書籍として配信しています。KindleKoboからも配信中!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【画】
■タイトル(Title):『イマドキ』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
■画材:ボールペン、鉛筆、画用紙、スプレー
■作品サイズ:B5サイズ相当の画用紙を使用。縦19cm×横14cmの枠内に描画。
■販売価格:10,000円(税込)
※『短い物語P&D』を表す絵画は、主にリアル展示による公開です。

since August 25th, 2007/僕が出逢った景色から(21)

『短い物語P&D』は、とても短い物語と、それを表す絵画で構成されています。
連載ではなく、一話完結です。

日常という現実。
空想してしまうという現実。
夢を見るという現実。
それらが混在する混沌とした日々から生まれた物語。
時には共感できないエンターテインメント。

「かつてない時代を生きている今だからこそ、伝えたいことがあります。
当公演にアンコールはございませんので御了承下さい。
それでは間もなく開演です。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■短い物語P&D『くぐりぬける』(2/2)

二つの車輪が地面の愚痴を聞きながら回っている。
固い舗道も暑さでまいっているらしい。
僕はスピードを出さずに走る。
自転車で散歩するような感じだろうか。
いつもと違って、気になることがいくつも通り過ぎて行く。
窮屈な場所を与えられた緑。
人に負けまいとアスファルトを持ち上げる命。
消えた雑木林。
池があったはずの小さな公園。
坂の途中にあったはずの小さな書店はなかった。
気づかなかったこと全てが手遅れのように思えた。

見上げれば、まだ虹は消えていなかった。
僕は虹の上の辺りに何かを見つけた。
ふらふらと走りながら、目が追いかけた。
アーチに沿って黒い影が登っていく。
そんな風に見えた。
鳥だろうか。
そう思った時、赤信号に気づいた僕は急ブレーキをかけた。
左足で支えて止まると、道路の向こう側の景色が目に入った。
小さな公園の隣。
学校の目の前。

僕は信号を待たずに地下道へ入った。
ゆるいスロープの上を、自転車を支えながら進む。
くぐりぬけると、記憶は突然よみがえった。

 

f:id:pride_and_dust:20170917152516j:plain

 

狭いガレージ。
薄暗い二階。
込み合った食卓。
上座の父。
ほんのわずかな間、生家のすぐ近くに引っ越していた時の記憶。
「僕はここで暮らしていたんだ」
あの時の家は、もうここには無かった。
思い出をたどりすぎるのは良くない気もするが、
ここにたどり着いたことには意味があるはずだと、僕には思えた。

虹をくぐるとか言って出てきたけれど、気づけば虹はもう消えていた。
それでも僕は、ここまでゆっくりやって来た。
これからも焦ることはない。
いくつもくぐりぬけて、自分相応。  ~終わり


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【作話】
■タイトル(Title):短い物語P&D『くぐりぬける』(2/2)
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
※物語はブクログのパブーにて電子書籍として配信しています。KindleKoboからも配信中!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【画】
■タイトル(Title):『くぐりぬける~SCENE2』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
■画材:ボールペン、鉛筆、画用紙、スプレー
■作品サイズ:B5サイズ相当の画用紙を使用。縦19cm×横14cmの枠内に描画。
■販売価格:非売品
※『短い物語P&D』を表す絵画は、主にリアル展示による公開です。

since August 25th, 2007/僕が出逢った景色から(20)

『短い物語P&D』は、とても短い物語と、それを表す絵画で構成されています。
連載ではなく、一話完結です。

日常という現実。
空想してしまうという現実。
夢を見るという現実。
それらが混在する混沌とした日々から生まれた物語。
時には共感できないエンターテインメント。

「かつてない時代を生きている今だからこそ、伝えたいことがあります。
当公演にアンコールはございませんので御了承下さい。
それでは間もなく開演です。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■短い物語P&D『くぐりぬける』(1/2)

まだ部屋の奥まで届かない光が、窓辺のフローリングを焼いていく。
その上を揺れながら通り過ぎる控えめな風。
今日の太陽はとても機嫌がいい。
けれど、誰も目を合わせようとはしない。

そんな昼の、突然の雨。
旅の途中の通り雨。
どこへ行こうというのだろうか。
僕はベランダに出た。
同時にハトが飛び立つ。
雨宿りなのか、それとも巣をつくるつもりだったのか。
お互い少しだけ驚いた。
僕は小さくなる一羽を追って、西の空を見た。
そして、直ぐに虹を見つけた。
これまで虹を見るのは写真ばかりで、実際に見たことは少ない。
そのせいか、今を逃したらもったいないという想いが湧いた。
習慣的に写真を撮ることのない僕は、撮影するよりも虹をくぐってみたいと考えた。

 

f:id:pride_and_dust:20170917152340j:plain

 

こうして、静かな休日の午後が動き出した。
出不精の僕としては、らしくない迅速な行動が始まる。
虹が架かる時、どちら側から始まって空に架かるのか。
そんなことを考えながらの身支度。
長い間休んでいた自転車を起こしに玄関へ向かう。
折り畳まれているオレンジ色をした小さなボディー。
そいつが目を覚ますのはタイヤに空気を入れてからだった。
着替えた僕の方は、らしくないサングラスを装着。
持ち物は携帯とサイフ。
あとは鍵束だった。
虹をくぐるなんて考えは、単なる思いつき。
このお出かけは軽い運動のつもりだ。
なんとなく自転車に乗って風にぶつかっていきたい。
それは、かつてない時代の夏に挑むような感覚。
喉が渇いたら、コンビニに寄ればいい。

僕は生家のある西の方へ向かった。
今は高層ビルが邪魔をして住んでいる部屋からは見えない場所。
そこが、なんとなく目的地だった。  ~続く


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【作話】
■タイトル(Title):短い物語P&D『くぐりぬける』(1/2)
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
※物語はブクログのパブーにて電子書籍として配信しています。KindleKoboからも配信中!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【画】
■タイトル(Title):『くぐりぬける~SCENE1』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
■画材:ボールペン、鉛筆、画用紙、スプレー
■作品サイズ:B5サイズ相当の画用紙を使用。縦19cm×横14cmの枠内に描画。
■販売価格:非売品
※『短い物語P&D』を表す絵画は、主にリアル展示による公開です。

since August 25th, 2007/僕が出逢った景色から(19)

『短い物語P&D』は、とても短い物語と、それを表す絵画で構成されています。
連載ではなく、一話完結です。

日常という現実。
空想してしまうという現実。
夢を見るという現実。
それらが混在する混沌とした日々から生まれた物語。
時には共感できないエンターテインメント。

「かつてない時代を生きている今だからこそ、伝えたいことがあります。
当公演にアンコールはございませんので御了承下さい。
それでは間もなく開演です。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■短い物語P&D『つられる』(2/2)

 

f:id:pride_and_dust:20170915201009j:plain

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【作話】
■タイトル(Title):短い物語P&D『つられる』(2/2)
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
※物語はブクログのパブーにて電子書籍として配信しています。KindleKoboからも配信中!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【画】
■タイトル(Title):『つられる~SCENE2』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
■画材:ボールペン、鉛筆、画用紙、スプレー
■作品サイズ:B5サイズ相当の画用紙を使用。縦19cm×横14cmの枠内に描画。
■販売価格:10,000円(税込)
※『短い物語P&D』を表す絵画は、主にリアル展示による公開です。