Pride and Dust World(HTN)

かつてない時代を生きている「今」だからこそ、伝えたいことがある。

since August 25th, 2007/僕が出逢った景色から(27)

『短い物語P&D』は、とても短い物語と、それを表す絵画で構成されています。
連載ではなく、一話完結です。

日常という現実。
空想してしまうという現実。
夢を見るという現実。
それらが混在する混沌とした日々から生まれた物語。
時には共感できないエンターテインメント。

「かつてない時代を生きている今だからこそ、伝えたいことがあります。
当公演にアンコールはございませんので御了承下さい。
それでは間もなく開演です。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■短い物語P&D『夜の集会』

熱帯夜のせいで、男の目覚めは湿って重かった。
高速道路のSAでの車内泊では、疲れも体の中で駐車したままだ。
そして、僅かに開けたウィンドウから車内に入ってきたのは、期待していた夜風ではなかった。

「どこへ行くかもう決めた?」

「まだ決めてない」

「戻って来られるのかな?」

聞こえてきたのは、男女数人の話し声。
男は声の主が若者のグループだと思い込んだ。
シートに仰向けのまま、目だけ動かして会話の主を探る。

「僕は帰らないつもり」

「わたしはまだ考え中」

「新しい旅立ちだから、盛大に祝っとこうよ」

騒がず早々に解散してくれよと、男は願う。

助手席側の窓に人影は見えなかった。
声が聞こえてくるのは車の前方からだった。
フロントガラスを見ると、ボンネットの上で動く影があった。
そこには数匹の猫がいた。 
話し声の主たちは、猫に気付いていないらしい。

猫たちは、話しを聞いているのかな。

驚かせてはいけないと思った男は、静かに体の向きを変えようとした。
その時、携帯のアラームが邪魔をした。
音を止めるのに手間取っている間に、猫たちは一斉に散って行った。
車から飛び降りていく猫たちの影が、フロントガラスを通り抜けていった。

若い連中にも気づかれただろう。

男は天井を向いたまま外の様子を伺った。
緊張しながら耳をすませた。
全身から汗が滲み出す。
一分ほどの間、男は固まっていた。
けれど、近づいて来る様子はなかった。
話し声も聞こえてこない。

 

f:id:pride_and_dust:20171002183807j:plain

 

男は恐る恐る体を起こした。
そして車の外を見回し、自分だけが広い駐車場に残っていることを知った。
レストランはすでに閉まっている。
起きていたのは、俯いたような照明と、直立不動の自販機だけ。
駐車場を見渡したけれど、車は一台も止まっていなかった。
人は誰もいない。
車を降りて確かめたが、若者たちの姿は確認できなかった。

いつの間に立ち去ったのだろう。

ドアが閉まる音も、車が走り去る音も聞こえなかった。
姿が隠れるような場所が近くにあるわけでもない。
男には不思議だった
やがて少しずつ怖くなってきた。

車に戻った男は、恐る恐るバックミラーを確認した。
急ぐようにキーを回す。
エンジン音が男を少し安心させた。
ヘッドライトを点けると、前方に黒猫が一匹座っていた。
一瞬で、首の後ろから両肩にかけて鳥肌が立った。
男はアクセルを踏む気になれず、猫見つめた。
そいつは、夜空を見上げていた。
こっちを気にする様子はなかった。
そして、何かに気づいたように花壇に駆け込んで見えなくなった。
それを見届けた後、男は車を発進させた。

深夜のハイウェイを逃げるような気持ちで走る。
今宵は満月。
男はそれに気付いていなかった。  ~終わり


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【作話】
■タイトル(Title):短い物語P&D『夜の集会』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2009
※物語はブクログのパブーにて電子書籍として配信しています。KindleKoboからも配信中!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【画】
■タイトル(Title):『夜の集会』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2009
■画材:ボールペン、鉛筆、画用紙、スプレー
■作品サイズ:B5サイズ相当の画用紙を使用。縦19cm×横14cmの枠内に描画。
■販売価格:10,000円(税込)
※『短い物語P&D』を表す絵画は、主にリアル展示による公開です。

 

 

 

☆みな様の訪問に日々感謝しております。

 

 

■制作依頼を承っております。

『ご依頼いただいた皆様へ……誠にありがとうございます。感謝!!』

 

電子書籍配信中!試し読み作品あります。

アルバム『Pride and Dust World』 ■著書販売中!!

9.11以降、3.11以前の混沌から生まれた物語~

『人生の途中にあるトンネル。そこでは稀にの秘密が語られる』

絵本『BLUE AND THE MOON

環樹涼 著/2007年8月25日刊行

販売価格¥1,000(税込)

現在、Amazon にて販売中。 著者の管理する在庫から発送いたします。

 

~自分相応の言葉~

『吹けば舞うよなにも誇りがあります』

$Pride and Dust World

詩集『埃、咲き誇るために』

環樹涼 著/2007年11月1日刊行

販売価格¥700(税込)

現在、Amazon にて販売中。 著者の管理する在庫から発送いたします。

 

※著者に直接ご注文いただいた場合は送料無料です。 ご注文方法はお問い合わせ下さい。

 

■『短い物語P&D』のSCENEを描いた絵画を初ポストカード化

『かつてない時代を生きている「今」だからこそ、伝えたいことがあります』

※絵と対になる物語は電子書籍にて販売中。アルバム収録。

ポストカード『Tug Of War~SCNEN1.2.3』

環樹涼 /2014年:販売価格¥100(税込)

市場に流通していません。 著者の管理する在庫から発送いたします。 まだ在庫あります。 送料は無料です。 ご注文方法はお問い合わせ下さい。

 

『ご購入いただいた皆様へ……誠にありがとうございます。感謝!!』