Pride and Dust World(HTN)

かつてない時代を生きている「今」だからこそ、伝えたいことがある。

since August 25th, 2007/僕が出逢った景色から(23)

『短い物語P&D』は、とても短い物語と、それを表す絵画で構成されています。
連載ではなく、一話完結です。

日常という現実。
空想してしまうという現実。
夢を見るという現実。
それらが混在する混沌とした日々から生まれた物語。
時には共感できないエンターテインメント。

「かつてない時代を生きている今だからこそ、伝えたいことがあります。
当公演にアンコールはございませんので御了承下さい。
それでは間もなく開演です。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■短い物語P&D『今日の行方』

僕の仕事帰りは、もう長いこと朝。
今朝もいつもと変わらぬ帰り道。
いつものように喉が渇いた。
都会のオアシスのような自動販売機が手招きしている。
小銭を手放すことにためらいのない僕は、ポケットの中に幾らあるかなんて確認していない。
だから右手は直ぐに投入口へ伸び、親指の腹で百円と五十円を押し出す。
二枚を送り出して選ぶのはいつものヤツ。
僕は人さし指を折り曲げ、第二関節の山でボタンを押した。

 

f:id:pride_and_dust:20170924083506j:plain

 

 

まだ静かな朝に響く小さめの騒音。
落ちてきたヤツは後に回し、先に釣り銭のレバーを下げた。
すると、いつもと違う音がした。
僕は取り出し口を見た。
なぜか蓋が無かった。
初めてだ。 
外されたのか、外れてしまったのか。
無防備に開いた小さな口。そこに釣り銭の姿は無かった。
もしかして外へ飛び出してしまったのだろうか。
見たところ路上には何も落ちてない。
僕は自販機の向かい側にある花壇を覗いた。
飛び込んだとしたらここだろう。
朝露の滴で袖を濡らしながら枝葉をかき分けて探した。
なんとなくせこい気もしたが、見つけ出したかった。
そして、しばらく探した後、別の物に出くわした。
遭遇したのは、四葉のクローバー。
僕は素直に嬉しくなった。新聞の運勢欄を今日はで読んでやろうと思った。
それからクローバーを持って帰るために摘み取ろうとした。
その時だった。
更なる発見が続いた。
クローバーが密集している一画に目立つ黄色。
顔を近づけてみると、それはギターのピックだった。僕には見覚えがあった。
だいぶ前に行方を見失った一枚。
どこにいったのか分からないまま数ヶ月。
探そうともしなかった。
ピックはまだ劣化していない。
僕はそれを拾い上げた。
すると、聴き慣れない音楽が流れ始めた。
背中の方から賑やかに呼び掛けてくる。
その音は自販機が奏でていた。
どうやら当たったらしい。でも今頃?。
僕は少し慌てながら、さっきと同じヤツを選んだ。
そして放置していたヤツと二本取り出そうとした時、今度はお釣りが出て来る音がした。
まさか。
蓋の無い取り出し口を覗くと、十円硬貨が三枚。
途中で引っ掛かっていたのだろうか。
それが今になって落ちて来たということか。

 

f:id:pride_and_dust:20170924083551j:plain

 

硬貨を掴み出しながら、僕はクローバーの葉を思い浮かべていた。
三枚の硬貨と一枚のピックで四つの葉。
それから考えたことがある。

もう一度、ギターの練習をしてみよう。 

今日の僕が行くべき方向。
それが決まった瞬間だ。 ~終わり


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【作話】
■タイトル(Title):短い物語P&D『今日の行方』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
※物語はブクログのパブーにて電子書籍として配信しています。KindleKoboからも配信中!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【画】
■タイトル(Title):『今日の行方~SCENE1&SCENE2』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
■画材:ボールペン、鉛筆、画用紙、スプレー
■作品サイズ:B5サイズ相当の画用紙を使用。縦19cm×横14cmの枠内に描画。
■販売価格:非売品
※『短い物語P&D』を表す絵画は、主にリアル展示による公開です。