Pride and Dust World(HTN)

かつてない時代を生きている「今」だからこそ、伝えたいことがある。

since August 25th, 2007/僕が出逢った景色から(5)

『短い物語P&D』は、とても短い物語と、それを表す絵画で構成されています。
連載ではなく、一話完結です。

日常という現実。
空想してしまうという現実。
夢を見るという現実。
それらが混在する混沌とした日々から生まれた物語。
時には共感できないエンターテインメント。

「かつてない時代を生きている今だからこそ、伝えたいことがあります。
当公演にアンコールはございませんので御了承下さい。
それでは間もなく開演です。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■短い物語P&D『カクタス~SCENE2

 

どれくらいの時が砂を運んでいっただろう。
風の通り道が繰り返し描かれ、カクタスの影も動いては消えた。
そんなある日、カクタスの前に男が現れた。
喉の乾きに負ける一歩手前。
その場に倒れた男の右頬にトゲが刺さる。

すると、カクタスの中に男の気持ちが流れ込んで来た。
怖いくらいの勢いで。

 

嘘の厚み。

 

不平不満の日記。

 

普段着のような見えない刃物。

 

もう子供じゃない。

 

でも大人ともいえない。

 

カクタスは知った。
男は自分を戒める旅の途中なのだと。
まるで誰かの身代わり。
カクタスは全身で伝えた。

 

f:id:pride_and_dust:20170829111709j:plain

『死んじゃだめだ』

男は残る気力でカクタスに手を伸ばした。

泣かずに溜まっていた涙は、旅人の喉を潤した。

それはもう濁ってなどいない。  ~完  


【作話】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■タイトル/短い物語P&D『カクタス~SCENE2』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【画】
■タイトル(Title):『カクタス~SCENE2』
■作家名(Artist):環樹涼(RYO KANZYU)
■制作年:2008
■画材:鉛筆、画用紙、スプレー
■作品サイズ:B5、縦19cm×横14cmの枠内に描画。

 

☆みな様の訪問に日々感謝しております。