読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pride and Dust World(HTN)

かつてない時代を生きている「今」だからこそ、伝えたいことがある。

そこから見える/樹の下で休憩

そこから見た景色は、
少し怖い気もする。
ロックを外し忘れたドアを開けようとした時、
右手に伝わる衝撃。

それは警告。

「何か忘れてないか」
「何を焦っているんだ」

部屋の外に出てから気づく空の機嫌。

食べ終わったから、
衣をまとって、
この住処を離れる。

またここに戻って来るまで、
何をしていたのか。

かつてない時代を生きている今、
街のスタイルを変えるくらいの気持ちで自分をもう少しマシにしなければ。